フルボ酸原液、フルボ酸パウダー

ヒューミックシェール産の
フルボ酸(原液・パウダー)の
原料卸とOEM製造受託

大地の恵みの「フルボ酸」

アメリカ合衆国ユタ州にある、およそ7,000万年前から1憶年前の地層(ヒューミックシェール)から採取されたオーガニックのフルボ酸です。 隕石の落下により巨大植物のジャングルが土に覆われ、石油や石炭になることなく、偶然に地表近くに留まり、発酵と分解を繰り返し、奇跡的に有機物(腐植物質)として生成された貴重な成分です。

フルボ酸の大きな特徴は、約70種類の植物性ミネラルがバランスよく含まれている点です。農薬や化学物質のない古代の土壌はミネラルが豊富で、植物は肥沃な土壌からミネラルを吸収し、バランスの整った状態で植物体内に蓄えられていたからかと思います。また、フルボ酸自体に植物性ミネラルを含みながら、生物体内のミネラルの運搬を手助けもしています。

その他、フルボ酸(植物性ミネラル)の特性としては、微粒子サイズ(ナノサイズ)、キレート作用、マイナス電荷。吸収率の高さ、安全性など、鉱物性ミネラルにはない、優れた点があげられています。

当社のフルボ酸は、精製水のみで自然のままの状態に抽出されています。食品・化粧品に用いるフルボ酸は、抽出後、固形物を取り除き、ミクロンフィルターでバクテリア等の細菌類を除去し、さらに低温殺菌を行い、安全で一定の品質が保たれるよう、厳しい製造管理・品質管理の基に生産されています。

腐植の分別

土壌有機物は、植物・動物・微生物などの遺体が、土壌中で土壌微生物により分解されたもので、便宜的に以下のように分類されています。

腐植の分別

当社取扱いのフルボ酸は、抽出時に酸は使用しておりません。

腐植の特性

腐植物質の大きな特性は、化学構造式が不定であるということです。それは自由に変化できるということでもあります。官能基(カルボキシル基など)を持っていることでキレート反応ができ、pH緩衝力や陽イオンミネラルへの吸着力が優れていることで抗酸化力もあるといえます。

深刻化するミネラル不足

日本オーガニックミネラルでは、「生涯健康に暮らす体づくり」を指針として、フルボ酸を原料とした食品、スキンケアの他に、農業資材(土壌改良資材・葉面散布剤)にも力を入れています。
近年の土壌のミネラル枯渇で農作物のミネラル含有量は減少し、現在人のミネラル不足も深刻化しています。

「私たちの身体は自分が食べたもので出来ている」この言葉はロジャー・ウィリアムス博士の言葉です。私たちの体は体外から栄養素を得ることが必要です。タンパク質よりも先に必要な栄養素がミネラルとビタミン。ミネラルやビタミンがないと体の中でタンパク質が作れないからです。

体に必要なミネラルは、約80種類と言われています。
「すべての病態、すべての病弊、すべての病気を追求すると、ミネラルの欠乏にたどりつく」
これは、ライナス・ポーリング博士の言葉です。

私たちも、健康な体にはミネラルが不可欠と信じて、限りある貴重なフルボ酸を大切に取り扱い、皆様の健康にお役に立てるように取り組んでおります。


フルボ酸の原料供給

原料供給

ヒューミックシェール産のフルボ酸原液とパウダーの原料供給を承ります。

詳しいページはこちら

フルボ酸を使用したOEM受託製造

OEM受託製造

フルボ酸を原料に用いた健康食品・化粧品・日用品などのOEM受託製造を承ります。

詳しいページはこちら

フルボ酸・フミン酸の農業資材

農業資材

フルボ酸を原料に用いた土壌改良資材・葉面散布剤などの販売・卸を承ります。

詳しいページはこちら

2019年10月9日
10月9日~11日の幕張メッセで開催される「農業ワールド」に出展。
2019年9月20日
植物ホルモン強化剤の発売開始。
2018年9月5日
10月10日~12日の幕張メッセで開催される「農業ワールド」に出展。
2018年2月26日
当社の農業資材(土壌改良材・葉面散布剤)が、農業専門新聞の「農経しんぽう」に掲載されました。
2018年2月12日
植物ミネラル葉面散布剤が、一般社団法人有機JAS資材評価協議会において「有機JAS規格 別表1」の適合資材に認定。
2017年10月11日
10月11日~13日の幕張メッセで開催される「農業ワールド」に出展。
2017年9月12日
植物ミネラル土壌改良資材が、一般社団法人有機JAS資材評価協議会において「有機JAS規格 別表1」の適合資材に認定。
2017年8月4日
東京大学大学院農学生命科学研究科との、フルボ酸の共同研究を開始。
2017年5月1日
アグリ事業部を設立。農業用土壌改良材の輸入及び製品化。
2016年3月2日
東京大学大学院農学生命科学研究科にて、フルボ酸の基礎研究を開始。
2015年12月25日
フルボ酸の線維芽細胞を用いたコラーゲン合成試験を行う。
2015年10月6日
日本オーガニックミネラル株式会社設立。

ページトップへ